カープタクシーの概要と歴史、業界でのポジションと強みの解説ページです。

概要と歴史

グループ概要

グループ名カープタクシーグループ
各社名有限会社カープタクシー
株式会社廿日市カープタクシー
株式会社宮島カープタクシー
代表者代表取締役 平原一彦
設立昭和28年9月
(有限会社カープタクシー)
事業内容タクシー・ハイヤー、観光バス、乗合タクシー、旅行業、指定民間車検場
車両数158両(うちタクシー138両)
(平成28年末グループ合計)
年商13億7千万円
(平成27年度グループ合計)
主な取引先
(順不同)
中国電力、テレビ新広島、ANAクラウンプラザホテル広島、シェラトングランドホテル広島、グランドプリンスホテル広島、広島大学病院、広島総合病院、他多数

沿革

年月事象
昭和28年9月広島市尾道町18番地(現在の中区大手町)において「有限会社カープタクシー」設立。
昭和36年5月無線免許を取得し、無線局を開設。広島のタクシー業界における無線配車の先駆けとなる。
昭和40年4月広島市富士見町(現在の中区富士見町)に新社屋完成、本社移転。
昭和49年10月広島市比治山本町(現在の南区比治山本町)に新社屋完成、本社移転。
昭和59年3月一般貸切旅客自動車運送事業(貸切バス)の許可を受ける。
昭和61年6月自動車分解整備事業、指定民間車検場の認証を受ける。
平成6年9月アナログGPS-AVMを利用した効率的配車を、広島市内のタクシー事業者として最初に導入。
平成14年4月子会社として設立した株式会社矢野カープタクシーの全株式を譲渡し、グループから分離。
平成18年4月タクシー無線のデジタル移行。GPS-AVMもデジタル化し、配車精度が向上。
平成19年9月全額出資にて株式会社廿日市カープタクシー設立。有限会社カープタクシー廿日市営業所の事業を譲渡。
平成22年10月広島市より委託を受け「黄金山地区乗合タクシー」の運行を開始。
平成24年3月全額出資にて株式会社宮島カープタクシー設立。旧大野地区・宮島島内のタクシー事業、および、宮島乗合タクシー「メイプルライナー」の事業を譲受する。
平成28年5月自動配車を開始。配車数が順調に増加中。
現在に至る。

業界でのポジションと強み

業界でのポジション

用語の定義

※1…法令で定められた営業区域で、広島市(旧湯来町区域を除く)・廿日市市(旧佐伯町・旧吉和村・旧大野町・旧宮島町区域を除く)・府中町・海田町・熊野町・坂町を指します。
※2…ここでは、広島交通圏の70社またはグループのうち「マル協加盟」もしくは「認可車両数が社またはグループ合計で50両以上」の事業者を主要15社と定義しています。
※3…当社グループのうち宮島カープタクシーは広島交通圏とは営業区域の異なる事業者ですので、この分析には含めておりません。

データ元…広島県タクシー協会編「広島交通圏 運輸実績統計表」
データ範囲…平成28年1月~平成28年12月

当社の強み

採用窓口会社

有限会社カープタクシー
〒732-0816
広島市南区比治山本町7-10カープビル2階
tel: 082-255-3211
企業サイト